これが電子書籍のメリットです。

今よく見る電子書籍とは

最近よく、iPadやスマートフォンで本のような文章を読んでいる人を見かけませんか?
本の文章や挿絵など、全てをデータ化しiPadなどの媒体に取り込むことで、取り込んだ機械さえあれば、どこでもその本を読むことが可能となります。
機械に取り込むと言っても、個人で取り込むことはできません。インターネットで電子書籍を取り扱っているサイトに行き、購入してダウンロードすることになります。
欲しい本を探して、本屋を何軒も歩いたり、ネットで注文しようとしても在庫がなかったり、届くまで待たなきゃいけない、ということもなく、欲しい本を見つけたらすぐに購入し、ダウンロードすれば読むことができます。値段も紙媒体の本とそんなに変わらない値段で購入することができるため、利用者が増えています。

電子書籍のメリットと注意点

データであるため、ダウンロードした媒体さえあれば読むことができます。かさばることが無いので持ち運びも楽ですし、沢山の本をダウンロードしておけば、出先や移動時間で好きな時に好きな本を読むことができます。無くすことも破くこともありません。
また、途中まで読んだ時、紙の書籍の時はしおりを挟む必要がありました。何かの拍子にそのしおりが抜けてしまった場合、どこまで読んだのかわからず、読みかけのページに戻るのに苦労する、ということもありません。読んでいたページを記憶してくれているので、すぐに続きを読むことができます。
ただ、注意点としては、データですので機械自体にトラブルが発生した場合、読むことができなくなるということと、一瞬で消えてしまう可能性があるということです。
ただ、機械は修理に出せばいいですし、書籍のデータが消えてしまっても、再ダウンロードも可能ですので、大きな問題とは言えないでしょう。